キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ダイヤモンドが選ばれる理由 : 婚約指輪マスター

ダイヤモンドが選ばれる理由

婚約指輪といえば今では誰もがダイヤモンドリングを選びます。

海外セレブの中にはダイヤモンド以外の宝石を婚約指輪に選ぶ事がありますが、日本のみならず世界中でも、婚約指輪といえばダイヤモンドが一番多く選ばれています。

宝石にはそれぞれに石言葉というのがありますが、ダイヤモンドの石言葉は、永遠の絆、純潔や清純無垢、という意味があり、これがプロポーズのシーンにもふさわしい事から、婚約指輪に選ばれるようになったとされています。

またダイヤモンドは世界一硬い宝石としてもよく知られていますが、ダイヤモンドをカットする場合もダイヤモンドより硬い石が存在していないため、ダイヤモンド粉末を使った研磨機を使うか、特殊なレーザーでしか加工できません。

この硬さも、揺るぎないという意味合いを感じさせる事から、婚約指輪に選ばれるとも言われます。

日本では1960年代からダイヤモンドが注目されるようになりますが、婚約指輪としてダイヤモンドリングを贈るようになったのはもう少し後になってからです。

いずれにしろダイヤモンドの輝きは永遠ですし、プロポーズの時にダイヤモンドリングを贈られて悪い気がする人はいないでしょう。

ただしダイヤモンドにはカットや大きさ、指輪としてのデザインなどにはたくさんの種類があります。

婚約指輪を貰うのはとても嬉しい事ですが、女性によっては憧れのデザインなどもあるので、あらかじめ好みなどもリサーチしておく事をおすすめします。